射撃

水田光夏のwikiプロフィール経歴や出身中学高校と桜美林大学?|東京パラリンピック射撃

ライフルやピストルで標的を打ち、その正確性を競う「射撃」。

今回の記事では、2020東京パラ五輪射撃日本代表に選ばれた、水田光夏」選手について紹介します!

パラ射撃についてあまり知らない人も多いと思うので、ぜひご覧になってください!




水田光夏選手が東京パラ五輪の、女子・射撃に出場


水田選手は、昨年オーストラリアで行われた、WSPS世界選手権・10mエアライフ伏射24位となり、2020東京パラ五輪の内定を勝ち取りました。

パラ射撃は、上肢で銃を保持できるかどうかによって2クラスに分かれています。

水田選手は上肢にまひがあり、SH2クラスで、10mエアライフル伏射に出場します。的の中心の直径はわずか0.5mmです。

10点圏内は10分割されていて、0.1点を争う勝負が繰り広げられます。




水田光夏選手のプロフィール・経歴・出身


水田選手のプロフィールを紹介します!

・名前:水田光夏(みずた・みか)
・生年月日:1997年8月27日
・年齢:22歳(2020年6月現在)
・出身:東京都町田市
・身長:150㎝
・体重:45㎏

水田選手は東京都出身です。3歳からクラシックバレエやピアノを習い、舞台に立つことが楽しみだったそうです。

ちなみに、水田選手は、ヘアゴムやライフルケースなどをピンクで統一し、海外では「ピンクベビー」の愛称で親しまれているそうです!




水田光夏選手の成績


水田選手の主な成績はこのようになっています。

2018 シャトールー2018WSPSワールドカップ 10mエアライフル伏射 29位
2019 シエク2019WSPSワールドカップ 10mエアライフル伏射14位
2019 WSPS世界選手権 10mエアライフル伏射 24位
2019 全日本障害者ライフル射撃選手権大会 10mエアライフル伏射

まだ22歳という若さなのに凄いですよね!

これからの活躍が期待されますね!!




水田光夏選手の学歴(中学高校大学)


水田選手は都内の中高一貫校に通っていました。高校進学を機に特別支援学校である、都立町田の丘学園に進学します。その後、桜美林大学に進学します。

水田選手は中学2年生の頃に、シャルコー・マリー・トゥース病が発症しました。末梢神経の難病で、車いす生活となりました。

高校2年の時に、お母さんに連れられパラアスリートの集いに向かい、そこで射撃に出会います。最初はゲームのような感覚だったそうです。

両手にマヒがありますが、指先にだけマヒがある左手で射撃を行うそうです。

桜美林大学に入学し、エアライフルの資格を所得し、本格的に取り組むようになったそうです。




まとめ


今回の記事では、2020東京パラ五輪射撃日本代表に選ばれた、水田光夏選手について紹介しました!

突然の難病にも負けず射撃を究め、東京パラ五輪に挑む水田選手、魅力を感じる人も多いはずです!

ぜひ一緒に応援しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。