アーチェリー

夢の島公園アーチェリー場のアクセスと観客席や座席と収容人数は?【東京五輪会場】

新型ウイルスの影響から延期が避けられないのでは…囁かれている東京五輪。それまでの盛り上がりが一気にヒートダウンしているようで少々気がかりなところでもありますが、それでも選手たちの戦いはすでに始まっています。

今回は、東京五輪アーチェリー競技の会場となっている夢の島公園アーチェリー場について、アクセスや収容人数など、色々と調べてみました!




東京オリンピック・アーチェリーの会場は夢の島公園アーチェリー場

東京五輪のアーチェリー会場は夢の島公園内のアーチェリー場となります。

東京都江東区夢の島2丁目1番4号
夢の島公園内

今回の五輪に合わせて新設される会場となっています!大会後は、アーチェリーを中心に、多様な活用の機会を提供する施設としていくとのこと。楽しみですね!

五輪に向けての改修工事が完了し、2020年4月には体験会と題してアマチュア選手によるアーチェリーの試し射ち大会なども予定されているそうです。

こちらはすでに参加申し込みは締め切られていますが、新しい会場での試し射ちも気持ちいいでしょうね。




夢の島公園アーチェリー場のアクセスや行き方最寄り駅は?

最寄り駅は以下となります。

■通常時

  • JR京葉線、東京メトロ有楽町線、東京臨海高速鉄道りんかい線「新木場駅」下車徒歩約7分
  • 都営バス 木11甲「東陽町駅」から乗車、「夢の島」下車徒歩約5分
  • 都営バス 錦18「錦糸町駅」から乗車、「夢の島」下車徒歩約5分(平日のみ)
    (このバスは、「亀戸駅」「西大島駅」を経由します。)
  • 都営バス 急行05「錦糸町駅」から乗車、「夢の島」下車徒歩約5分(土休日のみ)
    (このバスは、「亀戸駅」「西大島駅」を経由します。)

大会開催時は以下を想定しているようです。

  • JR京葉線、東京メトロ有楽町線、東京臨海高速鉄道りんかい線「新木場駅」下車徒歩
  • ※公共交通機関をご利用ください。
    ※駅から会場までの所要時間は現在検討しています。
    ※駅は追加・変更の可能性があります。
    ※アクセシブルルートは「新木場駅」の利用を想定しています。

やはり混雑緩和のため、少々通常とルートを変更することを検討しているようですね。

「アクセシブルルート」とは

アクセシビリティに配慮が必要な観客に対して想定する
バリアフリーなど、負担の少ないルート




夢の島公園アーチェリー場の観客席・座席や収容人数は?

https://twitter.com/cx_mezamashi/status/1240935238718586881?s=20

夢の島公園アーチェリー場の観客席・座席や収容人数は以下となっています。

  • 収容人数:5600人
  • 座席:すべて自由席

アーチェリーの競技場の両側に観客席が設置される予定のようです。そして全て自由席のため、チケット代も他の競技と比べてかなり安価に抑えられているようです。

的の後ろ側は矢が飛んでくる危険性もあることから、おそらくは立ち入り禁止エリアになるのではないかと予想しています。また競技スペース後ろは選手たちの待機場となるのではないでしょうか。




夢の島公園アーチェリー場に屋根は?雨の場合は防げる?

観客席が仮設となることから、おそらく屋根はないのではないかと思います。安全のため傘などの使用はおそらくできないものとなるのではないでしょうか。そのため雨の場合に備えてカッパなどの雨具の準備があったほうがいいかもしれません。

また、夏季での開催となることから、暑さ対策も必要になるのではないでしょうか。帽子などの日よけアイテムや、日焼け止めなどの準備はしておいたほうが間違いないでしょう。

ビンや缶などの持ち込みも限定される可能性がありますが、熱中症防止のための水分補給の観点から水筒の持ち込みは許可を検討している、という話もあるようですので、実際に行かれる前に確認したほうがいいかもしれませんね。




まとめ

https://twitter.com/rikkyoarcheryPR/status/1242387837732802564?s=20

新型ウイルスの大流行から延期が現実的に囁かれはじめた東京五輪。まだまだ流動的なところも多く、延期となった場合にはかなり残念に思われる方も多いかもしれません。

でも、まだ中止と決まっているわけではありません。早期の終息、そして延期後の大会開催時の盛り上がりを期待しながら待ってみるのもひとつの楽しみかもしれませんね!