空手

荒賀龍太郎の中学高校や結婚と彼女は?姉兄弟と経歴プロフィールも

2020東京五輪の新競技となった「空手」

今回は、東京五輪空手日本代表に選ばれた「荒賀龍太郎選手」について詳しく紹介します!

空手の魅力もお伝えできればと思います。




荒賀龍太郎選手が東京五輪の組手男子75キロ超級に出場


2020東京五輪の新競技となった「空手」

今年の1月24日~26日にフランス・パリで開催された「KARATE1プレミアムリーグ・2020パリ大会」、男子組手⁻84㎏に出場した荒賀龍太郎選手

負傷のため決勝戦を破棄しましたが、全日本空手道同盟の代表選考基準を満たしたため東京五輪代表に内定しました。




荒賀龍太郎選手のプロフィール・経歴・成績


荒賀選手は京都府出身の29歳です。

・名前:荒賀龍太郎(あらが・りゅうたろう)
・生年月日:1990年10月16日
・身長:184㎝
・体重:83㎏
・出身:京都府

空手を始めたきっかけは、両親が「荒賀道場」を経営していたからだそうです。

荒賀選手の所属先は「荒賀道場」で、現在は京都産業大学空手部コーチとして選手への指導も行っています。

荒賀選手の主な成績はこのようになっています。

2006~12 国民体育大会 優勝
2014~16 全日本空手道選手権大会 優勝
2013 ワールドゲームズ カリ大会 優勝
2014 アジア競技大会 優勝
2015 AFKアジアシニア空手道選手権大会 優勝
2016 WFKKARATE1プレミアムリーグ パリ大会・ロッテルダム大会・ブロツワフ大会 優勝
2016 第23回世界空手道選手権大会 優勝
2017 WFKKARATE1プレミアムリーグ パリ大会・ロッテルダム大会 優勝
2017 ワールドゲームズ ブロツワフ大会 銀メダル
2017 KARAT1シリーズA 沖縄大会 優勝
2018 アジア競技大会 優勝

素晴らしい成績ばかりですね!実は、3連覇している全日本空手道選手権大会では史上最年少優勝記録保持者(19歳)となっています。




荒賀龍太郎選手の学歴(中学高校大学)


荒賀選手は、亀岡市立亀岡中学校を卒業した後、京都外大西高校に進み京都産業大学へと進みます。

小学生では大会で6年間無敗という圧倒的強さを誇ってきた荒賀選手は、中学3年生でも全国大会で優勝を果たします。高校のインターハイでも無類の強さを見せ優勝を飾り、京都産業大学に進学した後も国体の連覇記録は続きました。

家庭での空手の英才教育を受けてきた荒賀選手だからこその素晴らしい経歴だといえますね。




荒賀龍太郎選手の姉と兄弟は?


荒賀選手には、お姉さんと弟さんがいるそうです。

空手一家ということもあって、姉の知子さん・弟の慎太郎さん共に空手をしています。知子さんは組手の元世界女王で慎太郎さんは学生日本一に輝いています。

大阪阿波座にある荒賀道場の一つは、知子さんが経営しているそうです。さすが空手一家ですね!




荒賀龍太郎選手は結婚して嫁妻がいる?彼女は?


荒賀選手には彼女や奥さんはいるのでしょうか?

調べてみましたが、そのような情報はありませんでした。

今年で30歳ですしもしかしたら彼女がいるのかもしれませんね!また注目してみてください!




まとめ


今回は、2020東京五輪空手日本代表に選ばれた「荒賀龍太郎選手」について紹介しました。

一流の空手一家に育った荒賀龍太郎選手。東京五輪での活躍も期待できるところです!

ぜひ皆さんで応援しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。