トランクルームの収納タイプ

トランクルームの収納タイプ

 

トランクルーム、レンタル倉庫には、様々な収納タイプ(種類)が存在します。
業者ごとに呼び方やタイプの定義は異なりますが、このサイトでは次の4つに分類して解説します。


トランクルーム型

屋内収納スペース。建物の内部を大小に分けて賃貸するタイプです。
屋内のため、セキュリティ面で安心。トランクルームによっては管理人がいるところもあります。

 

また、空調などの設備が整っているところもありますが、24時間オンにはなっているとは限りません。
出入りについては、365日24時間自由のところが大半ですが、一部にはできないところもあります。

 

ビル内では台車を無料で貸出してくれる業者がほとんどですが、念のため確認しましょう。
車を利用する方には駐車場のあるお店が便利です。

 

コンテナ型

コンテナタイプの屋外収納スペース。
コンテナを倉庫として使用できるタイプ。
大型コンテナの場合は、8帖以上の種類もありますので、家財道具一式を預ける際にも活用できます。

 

車をコンテナの前に横付けできると出し入れが楽になります。
駅から遠く離れた郊外のコンテナの場合、料金面で有利なこともまります。

 

ミニボックス型

小さな屋内収納スペース。
段ボール箱1つからクローゼット1つまで、お店によってさまざまなサイズがあります。

 

トランクルーム型と併設しているパターンがほとんどとなっています。
会社の近くに借りて、私物を保管することもできます。

 

お手軽な料金で利用できるのが特徴です。

 

専用型

貴重品専用、バイク専用、ワイン専用などの設備をもつ業者もあります。
サイズと設備はそれぞれに合っています。

 

トランクルームの収納タイプ【まとめ】

 

トランクルーム、レンタル倉庫を選ぶ時は、荷物の量や目的に合わせて保管場所を選ぶようにしましょう。


 

>>格安トランクルームを借りるのTOPページに戻る

page top