家の建て替えでトランクルームを使う

家の建て替えの荷物の一時保管場所にトランクルーム

家の建て替えをする際に、困ってしまうのが、仮住まいの家探しや荷物の一時保管場所。
短期の契約に応じてくれる物件は意外に少ないため、家族の人数や荷物の量にぴったり合った不動産物件を探すのはかなり苦労します。

 

そこでもし、少し狭いけど、広さ以外の条件は合うという賃貸物件が見つかった場合は、トランクルームを併用するのがおすすめです。
あるいは、荷物をすべてトランクルームに預けてしまえば、建て替えが終わるまで、実家や親戚の家を頼ることも可能です。

 

家財道具を預ける場合、広さはどれぐらいが必要?

この家財道具の一時保管に最適なトランクルーム、
広さは様々ですが、家の建て替えとなると、家具や家電などの大きなものがたくさんあるので、それなりの広さが必要になります。

 

8畳以上のスペースが必要となると、屋内型のトランクルームだけでは選択肢が狭まりますので、
屋外型(コンテナタイプ)も一緒に探すと、見つかる可能性が高まります。

 

また屋外型のほうが利用料金も安くなり、引越しの際の手間も大幅に減るというメリットがあります。

 

家が建て替えの場合

家の建て替えの場合、トランクルームを利用するのは、数カ月程度の短期間になるかと思います。
大抵のトランクルーム業者では短期間であっても問題ありません。

 

ちょうどよい大きさの倉庫が見つかったら、次に空き(空室)があるかどうかを公式サイトから確認してください。
契約は、アパートやマンションを借りるのと違い、とっても簡単ですが、簡単な審査は必要になります。

 

荷物は大きなモノが多い場合は、引越し業者に依頼するのがよいでしょう。
仮住まいの住居とトランクルームの2ヵ所で荷物をおろしてもらえるよう相談をしてみてください。
引越しの業者選びについては、こちらの記事を参照してください。

 

>>格安トランクルームを借りるのTOPページに戻る

page top